あなたは
アクセスカウンター

人目のご訪問者です。


平成29年度 飼料用米多収日本一表彰事業のページ



 次頁に移る

   ● 29年度 案内チラシ ページに移動

   ● 29年度 開催案内 ページに移動

   ● 29年度 実施要領 ページに移動

   ● 29年度 Q&A「よくある質問」 ページに移動

   ● 29年度 参加申込書・出品調査書(記入例を含む) ページに移動
※ 29年5月10日 出品調査書の軸を一部修正しました。


   ● 29年度 生産数量報告書 ページに移動

 目次に戻る

今年度の事業を5月1日より募集を開始します。

案内チラシ PDF ダウンロード 

下記のアドレスは、農林水産省のホームページです。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kokumotu/pdf/tasyu_tirasi_29.pdf



次頁に移る

目次に戻る

農林水産省のホームページ情報です。

更新日:平成29年4月25日

担当:政策統括官付穀物課


飼料用米関連情報

平成27年3月末に閣議決定した、新たな「食料・農業・農村基本計画」においては、飼料用米の生産拡大を明記するとともに、平成25年度実績の10倍となる110万トンの生産努力目標を掲げたところです。
飼料用米は、主食用米からの作付転換が比較的容易であることに加え、我が国畜産業にとっても、国産飼料生産に立脚した安定的な畜産経営にも寄与することから本作化の推進とともに益々の飼料用米生産・利用拡大を進めています。
「飼料用米多収日本一」表彰 農林水産省は、一般社団法人日本飼料用米振興協会と共催し飼料用米の多収を全国で競う「飼料用米多収日本一」表彰を開催します。
応募期間は5月1日から6月30日まで。
「平成29年度 飼料用米多収日本一」についてNew チラシ「飼料用米多収日本一」コンテストチラシ(PDF :942KB)(参加できる方) 平成29年産の飼料用米の生産で、次の要件を全て満たす方 ・ 多収品種(知事特認を含む)をおおむね1ha以上生産する方 ・ 生産コスト低減等に取り組む方
応募方法等の詳細については、後日、運営事務局(一般社団法人日本飼料用米振興協会)のホームページ(外部リンク)等でお知らせいたします。

  

スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂


参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。