一般社団法人日本飼料用米振興協会

シンポジウム2015報告@
       開催概要
シンポジウム2015報告A
       式次第
シンポジウム2015報告B
       報道記事
シンポジウム2015報告C
       配布資料

スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂

参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。


 ◆2015シンポジウム開催報告@ 



シンポジウムの配布資料は、次頁の開催報告で発表資料(PDF)をダウンロード出来ます。ご利用ください。


当日配布された資料は次の通りです。


1.資料集

    式次第、ご挨拶、基調講演T、基調報告U、基調講演V、

    特別講演、事例報告T、事例報告U、閉会の挨拶に代えて


 当日配布資料.pdf 


2. 林 芳正 農林水産大臣、

   山田俊男 自由民主党政務調査会農林部会 部会長代理

   への「食料・農業政策に関する意見」 

 意見提言書.pdf    


3. 日本生活協同組合連合会

    「食料・農業問題と生活協同組合の課題 2015

     〜地域で手をとりあって〜」 

 日本生協連資料@.pdf 


    資料の趣旨は、日本生活協同組合連合会が食料・農業問題に関わって、

     「食料・農業問題検討委員会」を設置し、国が2015年3月に策定する

     新たな食料・農業・農村基本計画に向けた「国への意見書の提出」と、

     「生協自らの課題」の2点を課題として取り組み、まとめた冊子となっています。

   


  下記の文書は配布しておりませんが、関連文書ですのでご紹介します。


     「新たな『食料・農業・農村基本計画』に関する意見書」
                                    .日本生協連資料Apdf

    日本生協連は、2014年10月28日、「新たな『食料・農業・農村基本計画』に

    関する意見書」を農林水産省に提出しました。
    2014年10月28日、日本生協連会長 浅田克己 と専務理事 和田寿昭が、

    農林水産省を訪問し、皆川芳嗣 農林水産事務次官に、意見書の内容と

    生協の 取り組みをご説明し、意見交換をしました。 


4. アンケート用紙 アンケート用紙.docx 

   質 問 票   質問票.docx


5. J-FRA社員、賛助会員登録申込書 加入申込書.pdf 加入申込書.doc


スナップ写真