大規模修繕工事アンケート6−



あなたは
アクセスカウンター

人目のご訪問者です。

◆ 開催趣意書(2021年12月3日 第2回座談会)



第6回コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2021

第2回 コメ政策と飼料用米に関する座談会



開催状況(当日の配布資料をダウンロードできます)
ご挨拶


 本日は、コロナ禍の中で、従来、70名前後の参加で開催してまいりました「コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」。
 昨年は、第1回座談会という形で、参加を報道関係者のみに限定して開催し、ビデオ収録を行いホームページで発表をいたしました。
 今年は、よく理由は不明ながら、ワクチンを集中的に摂取したからとも言われていますが、とにもかくにも第5波が収まり、小康状態になってまいりました。
 今後、状況を見ながら、正常な運営に戻していきたいと考えます。
新たな変異株であるオミクロンによる感染に注視しつつ、飼料用米振興協会としては、本来の普及のためのシンポジウムや意見交換会などを再開してまいりたいと存じます。
 今年は、コロナ禍による外食産業での業務用米の不振などで食用米が一段と過剰となる中で、飼料用米の生産が大きく増えました。
 今後、米価急落に伴う稲作農家の離農加速の懸念や現在の民間主導型のコメ需給対策で改善が図れるのか、コロナ禍に伴う資源価格や食料価格高騰で世界的に大きく変化している食料需給に対応していけるのか、今後、私たちが声を大にして求めてきた飼料用米の「本作化」は実現できるのか、水田農家と畜産農家の連携や結合へ向けて、何をなすべきなのかなどしっかりと議論をしていきたいと考えます。
 今後、一層の飼料用米の普及に向けて、お米育ちの畜産物のブランド化などを消費者と結びついて進めていきたいと考えます。

2021年12月3日

一般社団法人 日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤惠子
当日の予定稿です。


基調報告(資料配布)
  農林水産省 農産局穀物課課長補佐企画班長
   角谷 磨美(かどたに まみ)さん
   「飼料用米をめぐる情勢について」
活動報告
 @(青森県の稲作生産者)
  林 久利(はやし ひさとし)さん(15分)
   ▼主食用米の耕地面積 約2町歩
   ▼飼料用米の耕地面積 約53町歩
   ▼リンゴ畑の耕地面積 約2町歩
   ▼労働力について 
     家族経営(夫婦2人・長男夫婦・次男1人 計5人)
  宮本 富樹(みやもと とみき)さん(補助発言)
   株式会社木村牧場 参与 飼料課営業担当
   ▼養豚を中心として、飼料用米、再生可能エネルギー、精肉販売
    の4本の柱で営業
 https://www.kimurafarm.jp/

 A(群馬県の畜産生産者)
  櫻井 康生(さくらい やすお)さん(15分)
   株式会社トマル常務取締役(群馬県前橋市)
   ▼採卵鶏、孵化場、和牛繁殖、酪農など売上146億円、
   ▼自家配工場を建設し飼料用米を配合
 http://www.tomaru.com/production/

助言者 信岡 誠治
 (一社)日本飼料用米振興協会 理事、元東京農業大学農学部教授、
 (一社)日本養鶏協会 Executive Adviser(15分)
司 会 加藤 好一
  (一社)日本飼料用米振興協会 副理事長
 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 顧問

開催日時 2021年12月3日(金)14:00〜16:00(2時間)
参加者との意見交換と応答(質疑応答)16:10〜16:50(40分間)
会  場 食糧会館 5F会議室(東京都中央区日本橋小伝馬町15-15)

https://www.zenbeihan.com/assets/img/overview/map_tokyo.gif

主  催  一般社団法人 日本飼料用米振興協会

参加者募集 30名(ZOOMによるハイブリッド運営)
問い合わせ先・参加申し込み先
ikenkokan@j-fra.or.jp
下記の自動応答が出ますので、よろしくご対処をお願いします。
お問い合わせ、参加申し込みいただき、ありがとうございます。
事務局より、内容に合わせてご返事を差し上げます。

なお、「意見交換会」参加申し込みの際は、

このメールの返信にして必要事項をご記入し、件名を「参加申込書」と直してください。

実出席の場合:A
ZOOMの場合:Z とご記入ください。

下記の項目を記入し、再度、お送りください。
なお、広報関係者の場合、その旨をご記入ください。

【参加申込書】
・実出席の場合    :A 
・ZOOMの場合   :Z 該当しない方を消してください。

・参加者氏名     :
・返信用メールアドレス:
・所属組織名称    :
・部署名       :
・役職名       :
・電話・携帯番号   :
・ご要望事項     :
・広報関係者:組織名をお書きください。
  広報担当(該当する、該当しない)

をお知らせください。

直接、ご意見のございます場合は、下記にご連絡をお願いします。
e-Mail:postmaster@j-fra.or.jp

<J-FRA>*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
一般社団法人 日本飼料用米振興協会 運営事務局
Japan Feed Rice Association (j-fra) executive secretariat
URL:http://www.j-fra.or.jp/ e-Mail:postmaster@j-fra.or.jp
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
Phone:070-3522-3151(理事・事務局長 若狹 良治)

第6回コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2021

第2回 コメ政策と飼料用米に関する座談会 開催趣意書

一般社団法人 日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子


当協会は2008年(平成20年)に穀物価格が高騰したいわゆる「畜産・大パニック!」の際に、国内の畜産農業を守り、食糧自給率の向上などを目的に開催された「学習会」「畜産・大パニック阻止学習会」の実行委員会のメンバーによって結成された「超多収穫米普及連絡会」が母体となって誕生しました。
同連絡会は、2009年より活動を本格化し同年3月12日に第1回「飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会」を開催しました。
その後、飼料用米の普及や、日本型循環畜産と農業、流通、消費の連携などを目指して活動を展開、7年間の活動実績を踏まえて、2014年(平成26年)4月にさらなる活動拡大のため、新たに一般社団法人日本飼料用米振興協会として改組・発足しました。
法人化後は、従来の「日本型循環畜産推進交流集会」と「飼料用米普及のためのシンポジウム」を引き継ぐ形で、毎年ようにシンポジウムを開催してきました。
(2015年3月20日)、法人化第1回(通算8回)の「飼料用米普及のためのシンポジウム2015」
(2016年3月11日)、法人化第2回(通算9回)の「同 シンポジウム2016」
(2017年3月17日)、法人化第3回(通算10回記念)「第1回飼料用米多収日本一表彰式、同 シンポジウム2017」
(2018年3月9日)、法人化第4回(通算11回)「第2回飼料用米多収日本一・第1回飼料用米活用ブランド畜産物日本一表彰式、同 シンポジウム2018」
(2019年3月15日)、法人化第5回(通算12回)「第3回飼料用米多収日本一・第2回飼料用米活用ブランド畜産物日本一表彰式、同 シンポジウム2019」
(2020年3月18日)法人化第6回(通算13回)「第3回飼料用米多収日本一・第2回飼料用米活用ブランド畜産物日本一表彰式、同 シンポジウム2020」を企画し準備は整いましたが、世界的に猛威を振るう新型コロナ蔓延防止のため、シンポジウムや表彰式は中止し、表彰状と副賞盾は受賞者へ送りました。また、シンポジウム資料については、講演者や発表者の皆様から頂いたデータを電子媒体化して当協会のホームページに掲載しました。

一方、「超多収穫米普及連絡会」の時代から不定期にその折々に開催してきた「飼料用米に関する意見交換会」を2016年度から定期的に開催することとし、2016年11月1日に「第1回コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」を開催しました。その後の開催状況は次の通りです。
2017年11月15日「第2回コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」
2018年11月28日「第3回コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」
2019年11月13日「第4回コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」
2020年は同様に企画を計画し「第5回コメ政策と飼料用米に関する意見交換会」を予定しましたが、新型コロナの感染者が再度多くなり緊急事態宣言等が発動されたことから、参加者を集めた実出席による「意見交換会」の開催は難しいと判断をし、座談会形式で開催し、これをビデオカメラで収録し、当協会のホームページにアップし公表しました。

これまでに、飼料用米の普及や利用は全国で50万トン超す規模で利用する状況も生まれましたが、食用米の品質向上や主食用米価格の持ち直しなどにより、ここ数年は飼料用米の生産は停滞傾向で推移してきました。
しかし、世界的には新型コロナウイルスの蔓延の中で、世界の食料需給には大きな変化が生じています。2020年秋からはトウモロコシ、大豆、小麦などの穀物や油糧種子の価格が急騰し、配合飼料価格の相次ぐ値上げ、食用油など大豆製品の値上げ、小麦の値上げなどが続き、畜産農家を直撃しているだけなく消費者の台所にも大きな影響を与えています。
ところが、わが国の米の需給は、コロナ禍で活動の自粛が断続的に繰り返され、外食でのコメ需要が極端に縮小したため、米需給緩和が一挙に顕在化し2021年産米価の急落という事態に直面しております。
また、畜産はこれまで「飼料用米の利点」(給与された家畜(鶏卵、鶏肉、牛肉、牛乳、豚肉の食味の向上などの成果)を強調しながら、普及拡大を展開してきましたが、コロナ禍で業務用需要が大幅に縮小してきたため畜産物も原料高(エサ高)の製品安(畜産物価格の低迷)という二重苦に喘いでいます。
そのような状況の中で、農業界、農協界、農学者の間で大きな問題となっているのは次の4つです。
? 米の民間在庫過剰に伴う米価急落と稲作農家の離農が一挙に出てくることへの懸念
A 飼料用米の本作化に向けたテコ入れの強化
B 民間主導型のコメ需給対策には限界があるのではないかとの疑念と政府の役割の重要性
C 先行きの見えないコロナ禍の中での世界的な食料需給の変化への対応
 以上4つの問題意識に対して議論を深めていきます。

 今回の「コメ政策と飼料用米に関する座談会2021」では、農林水産省農産局穀物課と飼料用米を生産する大規模な生産者と養鶏などを軸に大規模な畜産を営む畜産事業者に出席をいただき、消費者組織である生活協同組合、長年にわたって飼料用米の普及と畜産での利用やマーケティングの研究に携わってきた元大学教授の5人による座談会を行います。
 座談会では日頃感じておられる飼料用米に対する課題や改善策など論じ提言していただければ幸いです。

スマホサイトに切り替える