あなたは
アクセスカウンター

人目のご訪問者です。




2018年1月1日

一般社団法人日本飼料用米振興協会
のホームページをご訪問いただき、感謝申し上げます。
下記のイラストをクリックしていただきますと、該当ページに移動します。

今年もよろしくお願いします。
2018年1月


東京都中野区弥生町1−17−3

一般社団法人 日本飼料用米振興協会

理事長 海老澤 惠子 他一同



北海道乙部町の水田でも飼料用米の作付けが拡大していました。

今年の台風が幸いにも避けて通り過ぎたとのこと。地域での飼料用米の利用を期待します。

 「瑞穂の国」と言わる日本の国土。狭い国土で食糧自給率を維持できる力強い水田は、水で毎年洗い流すために連作障害のない、日本の限られた狭い耕地を有効利用できる優れた農法です。
 ところが、この主食であるお米は日本では毎年8万dの消費が減少しています。これまで、その減少分を減反し、他の作物に転換したり、休耕田にしてきました。
 私たちは、同じ水田耕作物である飼料用米専用種を作付けすることで日本型循環畜産業の貴重な飼料として利用することを推進してきました。そのことで輸入飼料穀物を減少させ、遺伝子組み換えの心配のない国産飼料の増産を目指す取り組みが広がっています。
 更に、飼料用米の利用に関わって様々な取り組みが広がっています。先進的な取り組みを紹介し、飼料用米普及の活動を広げましょう。

ホームページのご案内


◆ シンポジウム参加者募集を1月4日より始めております。
専用メール sympo20180309@j-fra.or.jp

案内ページにGO
参加申込みページにGO
会場(東京大学弥生講堂)のページにGO

開催案内

法人化第4回 (通算第11回)
飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
飼料用米多収日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、
飼料用米普及のためのシンポジウム2018

開催日時:
2018年(平成30年)3月9日(金)
開場 10時30分
開会11時〜16時45分閉会
会  場:
東京大学 弥生講堂
 一条ホール(シンポジウム)・ロビー(資料展示)・会議室(試食会)

◆詳細のご案内、資料展示・試食会の参加者(企業)の募集、シンポジウムの内容、参加者募集などは順次発表します。よろしくお願いします。
◆シンポジウムに関する問合せは、事務局メール(postmaster@j-fra.or.jp)によろしくお願いします。

主催:一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援:農林水産省

平成29年度 飼料用米多収日本一表彰事業

実施のご案内

今年度の事業を5月1日〜6月30日まで募集し、おかげさまで、464件の参加申込みがありました。

今後は、2017年産(29年産)の確定収量を踏まえ、審査委員会において各褒賞の受賞者を決定し、2018年(平成30年)3月9日(金)に東京大学・弥生講堂(一条ホール)で表彰式を開催します。

掲載ページにGO (掲載ページに移動します)

一般社団法人日本飼料用米振興協会と農林水産省は、共同で「飼料用米の他州日本一の表彰事業」を運営しています。

今年度は、2017年度(平成29年度)の飼料用米の生産で、全国での収量高と地域ごとによる収量高の多さで順位を競うコンテストを行っています。

今後の日程は、2018年1月末に全国の数量をまとめ、その中から該当する実績を選抜し、2月中旬に開催する審査委員会で表彰農家などを決定します。

受賞者は、3月9日に開催する表彰式で表彰します。

表彰式は一般社団法人日本飼料用米振興協会が開催し農林水産省が後援する「飼料用米普及のためのシンポジウム2018」の中で開催します。

今回、新たに、一般社団法人日本養豚協会が開催し、農林水産省が後援をする「飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテスト」の表彰式を合わせて実施することにしています。

今後の計画は順次掲載してまいります。よろしくお願いします。

一般社団法人日本飼料用米振興協会


開催案内

法人化第4回 (通算第11回)
飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
飼料用米多収日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、
飼料用米普及のためのシンポジウム2018

開催日時:2018年(平成30年) 3月9日(金)
      開場 10時30分
      開会11時〜16時45分
会  場:東京大学 弥生講堂
      一条ホール(シンポジウム)・
      ロビー(資料展示)・
      会議室(試食会)

◆詳細のご案内下記のとおりです。
◆シンポジウムに関する問合せは、
postmaster@j-fra.or.jp  にお願いします。
参加者募集
(2018年1月4日〜3月6日)

参加申込み専用メールアドレス

sympo20180309@j-fra.or.jp



プログラム(開催要領)
詳細ページへGO

通算11回 飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会
飼料用米多収日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、
〜飼料用米普及のためのシンポジウム2018〜

日時:平成30年3月9日(金)
      開場:10:30
      開会:11:00〜 閉会:16:45 
会場:東京大学・弥生講堂
      (一条ホール、ロビー、会議室)
   東京都文京区弥生1−1−1 弥生キャンパス

プログラム
総合進行役 若狭良治

一般社団法人日本飼料用米振興協会 理事・事務局長


飼料用米普及のためのシンポジウム2018 第一部

11:00〜12:00 シンポジウム@
主催者挨拶
   一般社団法人 日本飼料用米振興協会 理事長 海老澤 惠子
連帯の挨拶
   日本生活協同組合連合会 専務理事 和田 寿昭
挨  拶
     農林水産省生産局畜産部飼料課 課長 犬飼 史郎
基調講演
   「米政策と飼料用米の推進について」
     農林水産省政策統括官穀物課  課長 堺田 輝也

12:00〜13:00
展示、試食、休憩

13:00〜14:10 表彰式
多収日本一表彰式
 主催:一般社団法人日本飼料用米振興協会、農林水産省
畜産物ブランド日本一表彰式
 主催:一般社団法人日本養豚協会 後援:農林水産省

 挨拶 (一社)日本飼料用米振興協会 理事長 海老澤 惠子
 挨拶 農林水産大臣 (調整中)
 挨拶 (一社)日本養豚協会 会長 志澤  勝
 受賞者 代表挨拶(多収日本一、畜産物ブランド日本一)
 記念撮影  

14:10〜14:30 休憩 舞台装置転換

飼料用米普及のためのシンポジウム2018 第二部

14:30〜16:30 
特別報告 飼料用米の低コスト生産の展望について
 東京農業大学畜産マネジメント研究室 教授 信岡 誠治

活動報告1
 養豚経営における飼料用米活用
      (集荷から給与までの流通改革)
 株式会社木村牧場 代表取締役社長 木村洋文

活動報告2
 飼料用米育ちの畜産品の拡大について
 コープデリ生活協同組合連合会
    コミュニケーション・CSR推進室 室長 岩佐 透

活動報告3
 飼料用米を活用した養鶏、鶏卵事業
 農事組合法人会田共同養鶏組合 組合長理事 上村 博文(調整中)

質疑応答

16:30〜16:45
閉会挨拶
 加藤 好一
一般社団法人日本飼料用米振興協会 副理事長 

(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 会長)


参加範囲
生産者及び生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、
流通・物流事業者、消費者団体、研究者、行政関係者、
一般市民等

事故防止対策、公衆衛生対策、開催用件は東京大学の規則規定に従います


シンポジウム終了後、農学3号館地下の食堂(東京大学消費生活協同組合)で情報交流講習会を開催します。
参加費は、お一人 3,500円 (領収書を発行します。)

参加をシンポジウムの申し込み及び当日の受付を行います。


2017年度(平成29年度)事業のご紹介
実施のご案内

平成29年度 飼料用米多収日本一表彰事業

 今年度の事業を5月1日〜6月30日まで募集し、 おかげ
さまで、464件の参加申込みがありました。


 今後は、2017年産(29年産)の確定収量を踏まえ、審
査委員会において各褒賞の受賞者を決定し、2018年(平成
30年)3月9日(金)に東京大学・弥生講堂(一条ホール)で
表彰式を開催します。


掲載ページにGO (掲載ページに移動します)

 一般社団法人日本飼料用米振興協会と農林水産省は、共同で
「飼料用米の他州日本一の表彰事業」を運営しています。

 今年度は、2017年度(平成29年度)の飼料用米の生産
で、全国での収量高と地域ごとによる収量高の多さで順位を競
うコンテストを行っています。

今後の日程は、2018年1月末に全国の数量をまとめ、その
中から該当する実績を選抜し、2月中旬に開催する審査委員会
で表彰農家などを決定します。

受賞者は、3月9日に開催する表彰式で表彰します。
 表彰式は一般社団法人日本飼料用米振興協会が開催し農林水
産省が後援する「飼料用米普及のためのシンポジウム201
8」の中で開催します。


 今回、新たに、一般社団法人日本養豚協会が開催し、農林水
産省が後援をする「飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテ
スト」の表彰式を合わせて実施することにしています。


飼料用米活用畜産物ブランド化事業

平成29年度 飼料用米ブランド事業では、日本一を表彰するコン
テストを開催し、表彰式を3月9日に行うことで、対象者の公募を開
始しました。

この表彰式を一般社団法人日本飼料用米振興協会と農林水産省
が共同開催する2018年3月9日に実施予定の「飼料用米多収日
本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018」で実施
する予定です。


http://okome-sodachi.jp/index.html


飼料用米活用畜産物ブランド化事業 関連ページにGO

第2回
コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会
開催報告(掲載ページに移動します)
多くの方から参加申し込みをいただきました。
会場の関係で、11月6日からお申込みいただい
た方は確認をお願いします。

(事務局より返信メールをいたします。)

開催趣旨
来年度(平成30年産)から、日本のコメ政策は大きくカジを切り、国による米生産数量目標の「配分」はなくなり、全国の需要量の見通しを示す「情報提供」に変わります。
また、10aあたり7,500円の米の直接支払交付金は廃止となります。
国は需要に応じた生産を推進するため、業務用米需要への対応、播種前契約等による安定取引の推進、多収品種による飼料用米の本作化などを打ち出し、現場で混乱が生じないように務めています。
 米政策改革の進展は稲作農家の大きな関心事です。とくに米価の変動は稲作農家の収入に直結しておりますが、販売競争は今後、一層激化するものと思われます。

 一般社団法人飼料用米振興協会は、2007年に起きた、世界的な穀物相場の高騰の中で、稲作と畜産の経営改善を図ることを目的としてスタートし、飼料用米の普及活動を中心として活動をしてまいりました。
今後の食糧の自給率の向上を目指すうえでも、主食用米、飼料用米を合わせ国産米の今後の動向は大変関心の高いところです。
この機会に、コメに対する関心を高め、今後の方向性を探るために、昨年(2016年11月1日)に次いで、意見交換をしたいと考え、「コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2017」を開催いたします。関係者の皆様のご参集をお願いしたします。

開催要領
  会合名称:( 第2回)コメ政策と飼料用米の今後に関する意見交換会2017
開催日時: 2017年11月15日(水) 午後1:30 〜 午後4:45
会 場 : 中央区日本橋小伝馬町15-15 食糧会館 会議室
        http://www.zenbeihan.com/overview/outline.html (詳細はHPから)
対 象 : 農林水産省、自治体、コメ生産者/流通業者、畜産生産者/流通業者、農業団体、
飼料製造/販売業者、物流業者、消費者団体、研究・教育関係者、報道関係者 等
主 催 : 一般社団法人 日本飼料用米振興協会
参加費 : 無料(会場の都合で70名程度)
今後の計画は順次掲載してまいります。
よろしくお願いします。
一般社団法人日本飼料用米振興協会
ホームページ 目次
アーカイブ 2016年4月〜2017年3月開催の行事 載ページにGO



開催報告書 GO


プログラム GO



募集ページに GO
アーカイブ 2016年以前の 開催報告 掲載ページにGO





2008年〜2016年 シンポジウムの歴史、報告資料
アーカイブ 2016年以前の 開催報告 掲載ページにGO



飼料用米使用の畜産物の普及を積極的に行っている生協の活動を紹介します。



農林水産省(MAFF)など行政機関の政策や取り組みをお知らせしています。



本協会のイベントを紹介しています。シンポジウムは上記でお知らせしています

アーカイブ 平成28年度 飼料用米多収日本一表彰事業



一般社団法人日本飼料用米振興協会と農林水産省が共同開催で推進している表彰事業
アーカイブ 平成28年度 飼料用米多収日本一表彰事業




平成28年度は、公募で448件の応募がありました。


アーカイブ(参考資料)

農林水産省


農業競争力強化プログラム説明会 開催報告


配布資料と説明映像


紹介リンク GO


GO」をクリックしてください。

 
アーカイブ(参考資料)

開催報告


「第2回 稲作コスト低減シンポジウム」

が開催されました

500名の参加者で盛大に開催されました

http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/soukatu/attach/
pdf/sympo_sium_2016-7.pdf

(1) 特別講演 「アイリスオーヤマ & 舞台ファーム異業種連携の生み出す新た
な米ビジネス〜新鮮なお米を毎日届けるために〜」



(4)「集落を守る!低コスト飼料用米生産」

当日発表資料(プレゼンテーション資料PDF(配布資料をPDF化しました)
 syurakumamoru_siryoooouyomai001.pdf

プレゼンテーション資料の文書部分を抜き書きしてPDF化しました。
 maff_rice_lowcost_sympo_sium_2016-1219_4.pdf

資料




アーカイブ(参考資料)




ありがとうございました。


58名が参加して、様々な方向から意見交換ができました。


当日の配布資料を掲載しました。




会合名 : 「コメ政策の今後の方向についての意見交換会」


日 時 : 2016年11月1日(火) 午後1:30 〜 午後4:45

会 場 : 中央区日本橋小伝馬町15-15 食糧会館 会議室

http://www.zenbeihan.com/overview/outline.html (詳細はHPから)

対 象 : 

農水省、自治体、コメ生産者/流通業者、畜産生産者/流通業者、農業団体、飼料製造/販売業
者、物流業者、消費者団体、研究・教育関係者、報道関係者 等

主 催 : 一般社団法人 日本飼料用米振興協会

参加費 : 無料




田んぼ発!  お米で育った畜産物


統一ロゴマーク利用要領策定・広い活用を!






農山漁村文化協会の活動に賛同し、活動をお知らせしています。



時折々の書籍資料を消化しています。ご提案がございましたら、情報をお寄せください。



農山漁村文化協会の活動に賛同し、活動をお知らせしています。月刊発行誌「現代農業」の紹介

報道関係者への報道資料を公開しています。



一般社団法人日本飼料用米振興協会は、民間の有志の集まりで発足した「超多収穫米普及連絡会」を法人化した組織です。記号、生協、団体、学者、研究者、個人によって運営をしております。

活動にご賛同された皆様のご加入をお待ちしております。

活動状況を押しレセしております。





役員紹介

一般社団法人 日本飼料用米振興協会 理事会

理事長 海老澤惠子 中野区消団連(副会長)

副理事長 加藤好一 生活クラブ生協事業連合会(会長)

理事・事務局長 若狹良治 NPO未来舎(副理事長)

理事 木村友二郎 木徳神糧梶@顧問
理事 信岡 誠治 東京農業大学農学部 教授
理事 遠藤雄士 全国農業協同組合連合会 課長
理事 谷井勇二 個人/田中産業梶@ 顧問
監事 岩野千草 中野区消団連 (事務局員)

スマホサイトに切り替える



開催案内

第4回(通算第11回)
飼料用米を活かす
日本型循環畜産推進交流集会


多収量日本一・畜産物ブランド日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2018
は2018年3月9日に開催します。

主催
一般社団法人 日本飼料用米振興協会
後援
農林水産省

開催会場
東京大学 弥生講堂(一条ホール)

開催日時
2018年3月9日(金)
 10;30 開館
 11:00 開会 〜16:45 閉会

案内パンフレット/参加申込書
案内書のページ GO
案内書パンフレットPDF ダウンロード
参加申込書のページ GO
参加申込書(PDF)のダウンロード
参加申込書(WORD)のダウンロード
参加申込書(Old Word)のダウンロード

参加申込専用アドレス
sympo20180309@j-fra.or.jp

お問い合わせ、ご意見は下記のメールアドレスにお願いします。

postmaster@j-fra.or.jp

開館 10:30
開会 11:00〜12:00
シンポジウム(第一部)
12:00〜13:00
展示・試食会、休憩
13:00〜14:10
多収日本一表彰式

畜産物ブランド日本一表彰式
14:10〜14:30
休憩(舞台転換
14:30〜16:30
シンポジウム(第二部)
16:30〜16:45
閉会の挨拶、お知らせ

17:30〜19:00
意見/情報交換懇親会
(希望者有料 3,500円)
会場:東京大学消費生活協同組合
              農学部食堂
建物:農学3号館 地下食堂


参考

今年度の飼料用米他州日本一表彰事業は、一般社団法人と農林水産省の共同開催で運営しています。
2017年5月1日〜6月30日の日程で、参加生産者の公募を行いました。

実績を2018年1月末までに集約し、2月中旬の審査委員会で受賞者を決定します。

今年度より農林水産省の助成事業で一般社団法人日本養豚協会が主催し、農林水産省が後援をします「畜産物ばうランド日本一表彰式」と共同で運営します。


参加募集は、今年(平成29年5月1日から
行います。



公示「定時社員総会」開催報告
2017年 定時社員総会議事録(簡易版)

日時:定時社員総会
2017年 5月22日(月)16:10〜17:00
会場:食糧会館(全米販)5階会議室
   中央区日本橋小伝馬町15-15
   TEL 03−4664−2115
交通:メトロ日比谷線小伝馬町駅/JR総武線馬喰町駅

議事次第
 前段の2016年度第13回理事会が15時から16時まで開催されたため、10分間の休憩を行った結果、定刻を10分間遅れて開会した。
 定款に従い、海老澤惠子理事長が議長となり、進行した。

議題T 報告・審議
2016年度 事業報告

 議長の指名により狹事務局長が報告を行った。
 併せて、特別報告として「飼料用米多収日本一表彰式、飼料用米普及のためのシンポジウム2017」について、開催結果について報告した。
 事業報告について質疑応答を行い、採決の結果、全員意義なく報告を了承した。

議題U 報告・審議
2016年度決算報告(案)


 議長の指名により狹事務局長が決算報告を行い、併せて、吉野会計事務所(さいたま市桜区西堀)の監査報告書、協会岩野千草監事の監査報告書が報告された。
 決算報告(案)について質疑応答を行い、採決の結果、全員意義なく了承した。
 
議題V 提案・審議
2017年度 事業計画(案)


 議長の指名により若狹事務局長が提案を行った。
 また、特別会計事業として、農林水産省との共同事業として特別事業として、平成28年度(2016年度)に第1回を開催した「飼料用米多収日本一表彰事業」を平成29年度(2017年度)事業として行うことを報告し確認した。

議題W 提案・審議
2017年度 事業予算(案)


 議長の指名により若狹事務局長が提案を行った。
 事業予算について質疑応答を行い、採決の結果、全員意義なく報告を了承した。

議題X 提案・審議
 今総会での役員改選は定款に従い行わないこと、補充等を行わないことを報告し確認した。

議題Y 提案・審議
 組織の拡大、新規登録社員、賛助会員の拡大について確認した。




2017年度 第1回 理事会開催のご案内




日時:6月28日(水) 午後3時〜午後5時


会場:JA全農ビル 32階 3208号室




傍聴希望の方は、事務局にご連絡ください。


賛助会員は、出席に、審議に参加できますが、決議権はございません。




詳細報告ページ GO